モテ期を診断する〜占いの方法でビックリ〜

水晶

タロット占いの役割

宝石

タロット占いとは、様々な絵柄が描かれているタロットカードというカードを裏向きにシャッフルし、その中から数枚選び、カードの持つ色々な絵柄の意味から占う占いです。カードには向きもあり、上下の向きが正しい状態を正位置、上下の向きが逆の状態を逆位置と呼び、同じタロットカードでもカードの向きで全く逆の意味になります。タロット占いは、今月の運勢などの抽象的なことを占うよりも具体的な内容を占う事に向いており、恋愛相談や進路相談などに大変人気がある占いです。タロット占いのオーソドックスな方法とは、カードを用いて占う方法であり、用いるカードの枚数なども異なるケースがあります。タロット占いでは、カードの絵柄を見てその人の運勢を占うことはもちろん、カード向きも占いの重要な要素になることがあります。上下の向きが正しかった場合は、そのカードが本来持っている意味を読み取り、上下が逆だった場合には反対の意味であったり、まったく別の意味で解釈することがあります。ただし、占い師によって解釈や方法が大きく変わる場合もあります。タロット占いの特徴他の占いと比べてもポピュラな占いの一種で、タロットカードの大アルカナ22枚と小アルカナ56枚の合計78枚のカードを使う占いです。タロット占いは、数枚のカードをテーブルの上に配り、出たカードの柄や向きによって今後を占うのです。タロットでの占いの目的は、その日の運勢を占うのではなく、今後の恋愛運やこれからどの様なライフスタイルを過ごせば良いのかや今後の人生の道しるべの役目があります。

Copyright© 2016 モテ期を診断する〜占いの方法でビックリ〜All Rights Reserved.